Uncategorized

レジンアクセサリーを作るにはUVレジンとLEDレジンどっちがいい?特徴と違いを比較!

今回は、UV樹脂とLED樹脂の違いについてご紹介します。また、それぞれのレジンの特徴やデメリット、注意点についてもご紹介していきます。なので、アクセサリーを作るのにどちらのレジンがいいのか気になる方は、ぜひ読んでみてくださいね。

UVレジン・LEDレジンとは?光を使って固める樹脂について

UV樹脂とLED樹脂の違いに入る前に、まずそれぞれの樹脂がどのようなものかを説明します。

UV樹脂とは、紫外線を利用して硬化・強化する光開始型樹脂の一種です。この樹脂は、一般的に3Dプリンターで使用されており、高い精度とディテールの再現性で知られています。

一方、LEDレジンは、発光ダイオードを用いて硬化させる光硬化型樹脂の一種である。LED樹脂は、一般的にジュエリーの製作に使用され、耐久性と柔軟性に優れていることで知られています。

UVレジンとLEDレジンの特徴の違い

それぞれの樹脂の特徴がわかったところで、両者を比較検討してみましょう。

UV樹脂とLED樹脂の大きな違いは、樹脂を硬化・強化するための光の種類です。UV樹脂は紫外線で硬化させますが、LED樹脂は発光ダイオードで硬化させます。

UV樹脂は3Dプリントに、LED樹脂はジュエリー制作に使われるのが一般的です。これは、UVレジンは高い精度と細部の再現性で、LEDレジンは耐久性と柔軟性で知られているためです。

2つの樹脂のもう一つの違いは、価格です。UVレジンはLEDレジンよりも一般的に高価です。これは、UVレジンは樹脂を硬化させるための特別な装置が必要ですが、LEDレジンはそれが不要なためです。

それぞれの樹脂の特徴を踏まえたデメリット・注意点

UV樹脂とLED樹脂の違いがわかったところで、それぞれの特徴やデメリット、注意点について説明します。

UV樹脂は精度が高く、ディテールにこだわれることで知られています。しかし、もろく壊れやすいことでも知られています。LED樹脂に比べると耐久性に劣る樹脂です。

LED樹脂は、耐久性と柔軟性に優れていることで知られています。しかし、加工が難しいことでも知られています。この樹脂は、UV樹脂ほど使いやすくはありません。

UV樹脂は、樹脂を硬化させるために特別な装置が必要です。この装置は高価な場合があります。さらに、紫外線は目や皮膚に有害な場合があります。このため、UVレジンを扱う際には、保護具を着用することが重要です。

LEDレジンは、レジンを硬化させたりするための特別な装置を必要としません。そのため、UVレジンよりもリーズナブルな価格で購入することができます。さらに、LEDの光は目や皮膚に有害ではありません。そのため、LEDレジンは保護具を着用しなくても安全に使用することができます。

【結論】UVレジンとLEDレジンはどちらがアクセサリーを作るのに適しているのか?

UVレジンとLEDレジンの違いがわかったところで、アクセサリーを作るにはどちらが良いのでしょうか?

UVレジンにもLEDレジンにも、それぞれメリットとデメリットがあります。正確さや細かさを求めるなら、UVレジンの方が良いでしょう。耐久性や柔軟性を求めるのであれば、LEDレジンの方が良いでしょう。

人気記事TOP5

1

レジンアクセサリーの資格は近年人気です。実際にレジンの資格を取得してから認定講師として教室を開講する人もいます。 レジンを扱うために、資格は必ず必要ではありません。しかし、扱いが難しいレジンは技術を習 ...

2

アクセサリーパーツの仕入れにどれくらいの費用がかかっていますか? 実際、自宅近くの手芸屋さんや通販サイトで気軽に購入できます。 しかし、アクセサリー作家さんの中には仕入れ費を抑えたい場合も多いはずです ...

3

ハンドメイドアクセサリーを作って販売したり、講師としてワークショップを行う場合・・・特別な資格は必要ありません。 しかし、資格があると自分の技術力アップに繋がったり自信になったり、購入者やお客さんから ...

4

厚紙に穴あけを行い、ピアスを固定する「ピアス台紙」。 ハンドメイド作家さんの中では一般的なアイテムとなり、色んなデザインも登場しています! 今回この記事では 「ショップ名を名入れしたい」 「安くておし ...

5

「アクセサリーパーツが余ってしまった・・・売りたい!販売したい!」という、ハンドメイド作家さん。 もしくは、minneやCreemaで素材販売に挑戦したい!興味はあるけれど、仕入れや利益の出し方が分か ...

-Uncategorized